アシナガバチや鳩など危険な生き物の対策はプロにおまかせ

危険なスズメバチ

接触機会が増えました

次々とハチの絶好の住処である雑木林が開拓されて住宅地が作られています。これは他の動植物にも当てはまることですが、当然住処を奪われたハチは人間の居住地に新たな住処を求めて巣を作ります。 一度巣を作ってみると、雑木林よりも天敵が少なくて快適なので巣はどんどん大きくなります。知らず知らずのうちに直径が人の上半身ぐらいになったスズメハチの巣を見たことがあります。 こうなってしまうと大変危険です。子供がちょっかいを出して総攻撃をうける可能性もあります。一番怖いのは強烈なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックです。これは死に至る危険性があります。 人が彼らの住処を奪ったことへの復讐と言うわけではないでしょうが、住宅地にハチが侵入してくることは今後益々増えます。

処理を依頼しましょう

軒下などにスズメバチ以外の小さなハチの巣を見かけたら早めに退治してしまうのが良いです。市販の殺虫剤で十分に効果があります。それで働き蜂を総退治してから、金棒などで取り去ってしまいましょう。中には幼虫が入っていて気持ち悪いかもしれませんが、刺したりはしませんので安全です。中に女王蜂がいる場合は危険なので、それも退治することを忘れないで下さい。 大きくなりすぎて個人レベルの退治では危険性があると思われる場合は、ハチ処理の専門家に依頼しましょう。大きくなる巣ということは大体がスズメバチなので、そもそも個人では対処しない方が良い危険なハチです。 ハチの毒自体に殺人に至らしめるほどの毒性は無くとも別の危険性があるのです。それが先程述べたアナフィラキシーショックです。一度刺されると二回目に強烈な反応を起こして死に至らしめる恐ろしい症状です。これを避けるにはそもそもハチには関わらない。専門家にお任せすることに限ります。

危険な蜂の駆除してくれる專門業者ならこちら。実績豊富で格安なので安心してお任せする事が出来ますね。

↑ PAGE TOP